仕事

インドネシア就職は人材会社GJJのサポートが手厚かった話

 

こんにちは、せんちょうです。

 

海外就職する!と決めたけどぶっちゃけ何から初めていいかわからないと思います。

今回は、海外就職初心者におすすめな人材紹介会社を紹介します。

海外就職に強いGJJ

僕が使った人材会社はGJJという会社です。

 

あまり有名ではないですが、というかかなり小さい会社です。

けれど、現地採用っていうニッチな求人に関しては、群を抜いてオススメです。

初めて海外へ出ようと考えている人には、一通りサービスが揃っています。

・個人の強みの分析(もちろん個人面談)

・あなたが向いている職種

・現在アジア地域で出されている求人情報

・渡航までの段取り

・渡航後のサポート

・現地での企業・大手人材会社の紹介

といったようなサポートがあります。

一番良かった点は親密度

オススメする理由は、海外へ出たい人への親密にサポートしてくれる点です。

GJJの社長は田村さんという方なのですが、面接の最初の段階でかなり自分の将来ややりたいことについて掘り下げられます。

25歳当時のバカ&生意気な僕に対しても、しっかりと海外就職したあとのキャリアについても考えてくれました。

僕は将来は会社から独立したいって気持ちがあって、海外でそんなことができればいいなーって考えていました。

ただ、懸念があり、仮に僕が現地の企業を退職する時は、紹介してくれた人材会社にも迷惑かかるのではないか?という点でした。

人材会社のことまで気にする必要はない、と思う方もいると思いますがこの社長さんに結構お世話になっていたので、ちょっと気持ちが引けていたんです。

 

その旨を社長さんに伝えたら、即座に

「全然迷惑じゃないですよ、独立して自分の好きなことをやってください」という言葉。

本当にありがたい言葉ですね。

この言葉で自信が持てましたし、この会社にお願いしてみようという気になりました。

実際に田村さんとやりとりが増えていく中で、渡航先でのメールのサポートも早いし、ちょっと困ったことがあったら親身に相談に乗ってもらえました。

 

せんちょう
せんちょう
海外就職について具体的にイメージできるようになりました。

以下は、僕が受けたGJJのサポートサービスです。

なお僕がGJJに登録した時には、行きたい国を「インドネシア」と決めていましたが、行きたい国がない人でも大丈夫です。国ごとの求人情報とかも教えてもらえるので、とりあえず海外行きたいのスタンスでOKです。

 

サポート内容は個人カウンセリング

自分がどんな仕事をしてきて、どんなことができるのか、洗い出します。

僕の場合は、職歴が短かったので、学生時代のアルバイトの時のことも詳しく洗い出しましたね。

その時に用意するのは、大学時代の卒業証明書(日本語・英語)が必要です。

大学の卒業証明書は電子データで持っておこう!

大学の卒業証書は、基本的に原紙で取り寄せることになります。
ただ、今後さらなる転職を考えている人は、PDFにして電子データとして持っておいたほうがいいです。

転職先が労働ビザを申請する時に大学の証明書が必要になる時があります。

ノートパソコンや、USBメモリに入れておけば現地にて印刷して提出できるので便利です。

いちいち原紙を母校から取り寄せるのは面倒ですもんね。

 

それで、あとは社長さんが英語での履歴書の書き方なんかをうまく指導してくれるので、それに沿って書類を埋めればOKです。この書類の書き方も世界で共通の履歴書の作り方だそうで、1回覚えてしまえば次の転職の時もテンプレでいけるらしいです!

せんちょう
せんちょう
めっちゃ便利やん

 

渡航先でのエージェント紹介

書類ができたら、次は実際に渡航日を決めましょう。飛行機のチケットも取って、それをGJJへ伝えればOKです。

現地の日系人材会社へ、企業面接のアポイントを取ってくれます。

それで、ここがGJJの強みなんです。

現地での提携先が豊富!

GJJは小さい会社なんですが、海外の転職市場でかなりでかい日系大手と複数提携してるんですね。リクルートやDODAなんかとも提携しています。

なので、複数の現地エージジェントに入ってくる求人情報を一括して選ぶことができるので非常に楽です。慣れない海外で時間の節約にもなるし、GJJスゲーって思いました。

 

時間とお金に余裕がある人は、この企業面接の渡航の前に、一度その国へ行って遊んでみるのをオススメします。実際にその国で生活できそうか、飯が合うかどうか等自分で確かめなければわからないことがあります。

僕みたいに、時間はあるくせにせっかちなニートは、なにも考えずに1回の渡航でそのまま企業面接を受けました。海外で暮らしてみて思うのは、タイや台湾でも良かったかなーなんて思います。(女の子がかわいいって噂はここだけのナイショな!)

 

デメリット

国によって求人情報が少ない場所があるという点がデメリットです。

また、日本人があまり住んでいない地域での生活情報も手に入りにくいっていう点もあります。

けれど、基本的求人が少ない国は発展途上国すぎて、日本人が働く環境でないことが多いです。もちろん人気の地域である東南アジアなんかはすでにたくさん情報が入手できるので海外転職初心者にはオススメです。

さらにGJJのすごいところで、渡航先でのGJJの先輩たちや日系コミュニティーを紹介してくれます。これ、企業面接のアポや内定取る前でも全然紹介してくれます。先ほど言った遊びに行くだけの渡航の際でも問題ありません。

まとめ

・海外就職ならGJJ

・何よりも社長さんの熱心なサポート

・現地社会への人脈が広がる

 

なるべく海外就職の初心者の不安を取り除いてくれるのがGJJです。安心して任せてOKです。

僕自身、初めての海外就職でわからないことだらけでしたが、パキパキと事務的に進めるんじゃなくて、あーでもないこーでもないと相談しながら進めることができたのが本当に良かってです。

途中からお悩み相談室や雑談会みたいになりましたが、それくらいぶっちゃけトークで相談してくれる人材会社ってあんまりないと思います。

初心者やまだ職歴が浅いかたは是非オススメですよ。

 

せんちょうの一言

せんちょう
せんちょう
僕のインドネシアへのキッカケのひとつだね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です