ネタ

ディスイズ・マイフェイバリット・ブリ

目を閉じて、深く深呼吸し、想像してみてください。

 

 

 

あなたの目の前には道が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずうっとまっすぐで、遠くまで見渡せるほどの長い1本道。

 

 

 

 

 

こんな風景あったのかと初めて出会う大自然の中。

 

 

 

 

 

そこであなたの目の前に現れた1本道。

 

 

 

 

 

のんびりとした道幅で、ほぼ平坦なその道。

 

 

 

 

 

周りに騒々しいものなんかひとつもない。

 

 

 

 

 

ただそこにあるのは、さわやかな風とあなたと、1本道だけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこへ、ブリの照り焼きを、ひと切れ置いてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぺたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわっと照り焼きのあまい香りと暖かさが、空気を伝わって感じとられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ口にしてはいない。まだ。

 

 

 

 

 

けれども、すでに味わったかような味覚の記憶が、舌先から電撃の速さで呼び醒まされる。

 

 

 

 

 

不思議と、既になんども口にしたことがある味なのに、いつも驚きをもたらしてくれることを期待している。

 

 

 

 

 

 

ゆっくりでいいんだ。ゆっくり。

 

 

 

 

 

 

 

ふわっと箸を入れて身をほぐし、スッと口へ運ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉はいらない。いつだって満点の味。

 

 

 

 

 

 

切り身の皮まで平らげる。いつだって残した事はない。

 

 

 

 

 

あっという間に食べきった。

 

 

 

 

 

そうしたら、あなたの目の前にまた、ひと切れのブリ照りが置かれる。

 

 

 

 

 

ぺたり。

 

 

 

 

 

また食べる。

 

 

 

 

 

そしたらまた、次の照り焼きが置かれる。

 

 

 

 

 

ぺたり。

 

 

 

 

 

ぱくり。

 

 

 

 

 

ぺたり。

 

 

 

 

 

ぱくり。

 

 

 

 

 

 

 

ひと切れ平らげる毎に、少しずつ前に進んでいく。

 

 

 

 

 

時間と体力は無限にある。

 

 

 

 

 

あんまり食べるペースが早いもんだから、照り焼きもどんどん並べられていく。

 

 

 

 

 

 

ぺた。ぺた。ぺた。ぺた。

 

 

 

 

 

 

そしてついには、まっすぐな1本道に1kmにも及ぶブリ照りの隊列が並べられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「全部食っていいんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全部食えるかな」

じゃない、

「全部食いてぇ」

でもない、

 

「全部食っていいんだ」。

 

だれも俺を止めるようなことはしない。・・・・・

そういう状況になんねぇかなって夢見るほどにブリが大好き。

 

 

 

 

 

 

寿司でも、ブリ大根でもいいけど、やっぱりブリ照りが最高。

 

 

 

 

 

出世名とか、生態系とか、なんなら外見の見分けがつかないけど、ブリが大好き!

 

 

わたくしせんちょう、いままで食事で出てきたブリは本当に残した事ありません。

 

 

どんなに他の料理食べていても、ブリだけは腹八分目までしか膨れないんです。

何匹でもイケんじゃないか?マジでw

あの魚、まだまだ入るぞ、胃に。

 

 

 

こーんなに好きなのに、捌かれる前の魚の状態だと他の魚と見分けつかないのね。

 

“ブリ=切り身の状態”の見た目でしか認識できなくなってるんです。

 

 

「もうブリ照り以外はブリじゃない」と認識するところまでイっちゃってるのかもしれない。ブリ逝き。

 

 

とにかく、自分の一番好きな食べ物はブリ!ってことね。

 

 

 

そして、ここからが肝心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドネシアにブリいないのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹ペコせんちょうのひと言

「もうちょっと頑張ってこっち(インドネシア)泳いでこい!」

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です