ネタ

誰かTwitterを教えてくれ

こんにちは、せんちょうです。

2019年は大人にも大量にお年玉が配られるフィーバーな年なんですね。

 

ジャカルタでも飲み屋でお札ヒラヒラと100,000ルピア札ばらまく人もいますが、

ツイッタ上で1億円は規模がかなり大きい。

 

 

日頃から悪趣味だ、フォロワー買っただの言われている前澤さんですが、

大事なのはZOZOが新春セールで売り上げがちゃんとあったということ。

 

正月商戦を勝ち抜いたからこそできる芸当であると思うんです。

 

年末年始のセールってよっぽどのお金持ちじゃない限りは、使える金額がある程度決まっています。

10万円なり30万円なり。

ボーナスで入ってきたお金を、マーケットの猛者たちが一斉に狙ってくるのがこのセール。

競合は多く、いかに消費者に選んでもらえるか?しのぎを削る戦場となるはずです。

 

 

そこで前澤さんは結果出した。だからこそお年玉が出た。

 

 

前澤さん自身他にもお金の使い道や還元の仕方はあったでしょうが、「どうすればみんなに楽しんでもらえるか?」に焦点を置いて実施した企画なんだと思います。

実際は年末ジャンボの期待しているのと変わりません。

しかし、Twitter界隈ではみんながアツくなるストーリーが出来上がり、異常な盛り上がりを見せました。

 

 

当選した人はどんな気持ちなんでしょう。

ぼくなら貰った100万を、さらに1万ずつ100人当選するように企画しますw

せんちょう
せんちょう
さしずめリトルワナビマエサワといったところ。

タイガーの威をレンタルするフォックス。

 

 

フォロワー減ったこともある

お年玉効果で前澤さんのフォロワー数は一時的に300万以上膨れ上がったそうです。

そんな彼もかつて尖っていた時期がありました。

Twitter上にて、

ZOZO客「ZOZO配送料高い」

前澤さん「ただで商品が届くと思うんじゃねえよ。2度と注文すんな」

ZOZO客「((((;゚Д゚)))))))ガクブル」

のやり取りは有名で、アンチ増・フォロワー減となったでしょうがこれがきっかけで前澤さん知った人も多いと思います。

 

 

フォロワー数は600万人

さて、かの前澤氏のフォロワー数は1月8日時点で、約600万人前後です。

ベタですが、世間の人口で例えてみましょう。

日本の都道府県では千葉県が約620万人です。奇遇ですが、前澤さんも千葉県鎌ヶ谷出身だそうです。

 

 

国で言えばニカラグアが約620万人です。次いで、デンマークが577万人。

 

ひとつの国と同じくらいのフォロワー数。

個人としてこれだけ注目を集めているのは驚くべきことです。

 

しかし、ここで我々は重大なことを見落としがちです。

 

 

 

 

かの有名なダニエル・オルテガラスムセンを忘れてはいないか?ということです。

 

 

フォロワー数ばっかりに囚われていないかと?

 

 

 

彼らはTwitter上で1億円をばら撒くこともせず、

 

「国民の識字率を上げる方法はないか?」

とか

「税金を如何に社会福祉として還元するか?」

など粛々と思案することにそのリソースを投下しています。

 

 

 

そう。

私たちは、もう一度再確認しなければなりません。

 

 

ダニエル・オルテガはあの革命国家ニカラグアの大統領。(Twitterアカウントなし)

ラスムセンはあのおとぎ話の国デンマークの首相。(フォロワー約16万人)

 

 

 

フォロワー数では前澤氏に及びませんが、

彼らはZOZO社長フォロワーとほぼ同数である民草のリーダーなのです。

 

 

 

オルテガは、ツイートするかわりに革命の前線に立ち続けた。

 

ラスムセンはツイートするかわりに書類書いたり、電話したり、メールしたり頑張った。

 

 

どれも1億円バラ撒くのと同じくらい、

いやそれ以上かもしれない程のリソースと信念を持って、

自国の国民たちに接してきたのでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、千葉県のリーダーはこの人。

https://www.sunmusic.org/profile/morita_kensaku.html

 

(下手すれば前澤氏より人気がありそうで、比較がややこしくなるので割愛します。)

 

 

 

投げかけられる問い

このダニエル・オルテガ氏とラスムセン氏の例は私たちにある疑問を投げかけます。

 

 

「フォロワーとはなんなのか?」

 

「フォロワー数が多ければそれでいいのか?」

 

 

信用度?有名度?

フォロワーは全員友達?悪そなヤツはだいたい友達?

答えを簡単に導くことは一筋縄では行きません。

 

私が以前投稿したTwitterアンケート結果が示すことからもわかる通り、

その謎は深まるばかりです。

 

魅惑のTwitterランドは私たちに大切な問いを与え続けながら、

平成の次の時代へと突き進んでいきます。

 

 

 

「誰かTwitterを教えてくれ」

新春早々、この言葉をインド洋からの貿易風に乗せて届けたいと思います。

 

 

 

 

最後になりますがラスムセン無能か?と思われた方のために、

デンマーク王国の名誉を回復すべく、王位継承第7位のニコライ王子を貼っておきます。

デンマークよ永遠なれ!🇩🇰

 

 

せんちょうのひとこと

せんちょう
せんちょう
ニカラグアの識字率は約82%!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です